留守番電話導入による学校の働き方改革事例
見出し画像

留守番電話導入による学校の働き方改革事例

本プロジェクトにお寄せいただいた声の中に、時間外の電話を自動音声機能による対応としている学校の取組事例を紹介するものや、業務時間外の留守番電話の導入を求めるものがございました。

文部科学省の調査によると、各教育委員会における留守番電話の設置やメールによる連絡対応の体制整備の取組状況について、都道府県、政令市はそれぞれ66.0%、90.0%が整備している一方で、市区町村での実施は40.9%にとどまっています。

スライド1r

文部科学省が作成した「全国の学校における働き方改革事例集」(令和3年3月)では、留守番電話を設置し、設定時間以降の音声ガイダンスを導入した結果、勤務時間の削減が実現された事例をご紹介しています。

それぞれの実情を踏まえながら、働き方改革推進のための参考にしていただければ幸いです。

図1


現場で日々奮闘する現職の教師、教職を目指す方々の皆さんで、学校の働き方改革や新しい教育実践の事例、学校にまつわる日常を遠く離れた教師、ベテラン教師から若い教師に、現職の教師から教師を目指す方々に、学校の未来に向けてバトンを繋ぐためのプロジェクトです。