#教師のバトン プロジェクト 【文部科学省】

現場で日々奮闘する現職の教師、教職を目指す方々の皆さんで、学校の働き方改革や新しい教育実践の事例、学校にまつわる日常を遠く離れた教師、ベテラン教師から若い教師に、現職の教師から教師を目指す方々に、学校の未来に向けてバトンを繋ぐためのプロジェクトです。

教員免許更新制小委員会(第1回)を開催

本日4月30日、中央教育審議会教員免許更新制小委員会(第1回)が開催されました。 本小委員会は、4月27日に開催された中央教育審議会「令和の日本型学校教育」を担う教師…

中央教育審議会「令和の日本型学校教育」を担う教師の在り方特別部会が始動

4月27日、中央教育審議会「令和の日本型学校教育」を担う教師の在り方特別部会(第1回)が開催されました。 この部会は、3月12日に文部科学大臣から中央教育審議会に対…

学校の働き方改革を踏まえた部活動改革を進めてまいります

ご意見の中に、休日の部活動の対応や全員顧問制の廃止など、部活動の負担を訴えるものが多く寄せられました。いただいた投稿を拝見し、文部科学省としても部活動改革にさら…

「#教師のバトン」プロジェクト応援団更新(令和3年4月15日更新)

3名の方が新たに応援団に追加されました。(令和3年4月15日更新) ※ 本企画を実施するにあたり、教員養成系の大学生、教員、有識者(中央教育審議会委員…

メディア向け説明会を実施しました

4月8日、多くの方に「#教師のバトン」プロジェクトに注目いただいている状況をふまえ、メディア向け説明会を行いました。 説明会では、本プロジェクトの立ち上げの背景や…

教師不足に関する全国的な実態調査に着手します

 臨時的任用教員等の講師の確保ができず学校へ配置する教師の数に欠員が生じるいわゆる「教師不足」については、例えば年度当初において小学校の学級担任が不足し教頭等の…