教員免許更新制度の廃止を求める要望を千葉県熊谷知事から受け取りました
見出し画像

教員免許更新制度の廃止を求める要望を千葉県熊谷知事から受け取りました

6月21日(月)、萩生田文部科学大臣は、千葉県熊谷知事から

・教員免許更新制を速やかに廃止すること
 速やかな廃止が困難である場合は、
・定年後に再雇用された教員の免許更新を不要とすること
・教員研修と免許状更新講習の重複を排除する制度とすること

との要望を受け取りました。

教員免許更新制度については、現在中教審で抜本的な見直しについて検討が行われているところであり、審議会における結論を得た後、スピード感をもって制度改革を進めて参ります。

※教員免許更新制度の見直しについては、「令和の日本型学校教育」を担う教師の在り方特別部会内に設けられた「教員免許更新制小委員会」において議論が進められています。


現場で日々奮闘する現職の教師、教職を目指す方々の皆さんで、学校の働き方改革や新しい教育実践の事例、学校にまつわる日常を遠く離れた教師、ベテラン教師から若い教師に、現職の教師から教師を目指す方々に、学校の未来に向けてバトンを繋ぐためのプロジェクトです。